赤ら顔の人が選ぶべき化粧水はこれ!商品の特長や効果や口コミをご紹介

赤ちゃんの画像

急な温度変化で顔が真っ赤になる、頬や小鼻の周りだけが常に赤い。そんなお悩みの方は意外と多いのでは?

ファンデーションで隠している方も多いようですが、赤ら顔の改善に特化した化粧品もありますので、隠すのではなく、根本から改善できるように化粧水からチェンジしてみてもいいですね。

赤ら顔の特化した商品はすごく少ないのですが、今回は特に赤ら顔に特化した化粧水を3点ご紹介します。商品ごとに特徴が異なりますので、自分の肌にあった商品を探してみて下さい。

1. 赤ら顔対策に特化した3つの化粧水

 

1-1. 白漢しろ彩ラメラローション

アトピー性皮膚炎の患者を対象に大学病院でテスト、また毛細血管にアプローチするという科学的根拠も実証された化粧水です。

赤ら顔にお悩みの方で、「肌荒れ・刺激にお悩み」の方、も極限まで肌に負担を欠けずに肌の赤みを取り除くような処方にしてあるため、特に肌が敏感になっているアトピー性皮膚炎の方でも安心して使用できるこだわりの商品です。

白漢しろ彩化粧水の画像

価格:5,600円(税抜)
内容量:100ml
無添加処方:アルコールフリー・パラベンフリー・フェノキシエタノールフリー・無香料・無着色・鉱物油フリー

特長:海洋性エキスが顔の赤み改善に効果あり!実証試験結果で86%も改善

28日間連続使用してもらった被験者の約86%が顔の赤みが軽減するという実証試験結果が出ています。
赤ら顔の原因は毛細血管にあると言われていますが、海洋性エキスがその毛細血管に働きかけ、滞った毛細血管の血流を正常な状態に近づけていくことで、皮膚の赤みを改善できるようです。

特徴:赤ら顔をケアする厳選成分、4種類の和漢エキスをたっぷり配合

ショウガ根茎エキス、甘草(カンゾウ)、茯苓(ブクリョウ)、川芎(センキュウ)が配合され、血行促進、刺激に強い葉が、保湿くすみ肌ケアなどの働きが期待できるようです。

 

こんなお悩みの方におすすめです

☑頬や鼻、アゴがいつも赤い
☑メイクが隠しても赤みがめだつ
☑いつも顔がほてったように赤い
☑肌が白いせいか毛細血管が透けてみえる
☑ニキビ跡の赤みが目立つ
☑肌自体は白いのに顔だけが赤い
☑超敏感肌で肌に合う化粧水がみつからない

化粧水の使い方

①洗顔後、手のひらに500円硬貨大の化粧水を出し、顔全体に優しくなじませて下さい。
②両手でしっかりとお肌を包み込んで、奥まで浸透するようにハンドプッシュしながらしっかりと肌に入れ込んで下さい
③一度に大量の化粧水を使用するのではなく、数回に分けて重ね付けすることで浸透力がアップします
④化粧水の後は、乳液・クリーム・美容液などいつものスキンケアをご使用下さい。

白漢しろ彩ラメラローションには同シリーズのクリームもあります。
同じブランドをシリーズ使いすることで、目的がブレず、しっかりとお肌の悩みを解消することができます。

■白漢しろ彩アクアクリーム 

 

口コミ

ここ数年毛細血管拡張症の赤みと、アトピー性皮膚炎で悩んでいて、皮膚科に通うも一定以上は良くならず、思い切って薬をやめてこちらに切り替えてみました。使って2ヶ月位ですが赤みはだいぶ引きました。今までこんなに目に見えて赤みが引く化粧品には出会わなかったので嬉しくリピしてます。とはいえ、まだ赤みは多少はあります、だいぶマシになりましたが。また刺激も少ないのでアトピー性皮膚炎の私でも荒れる事なく使えてます。少量を重ね付けするのが効果大の様なのでそうしています。肌へもすぐ浸透してくれるし潤うし、私はこれ以外の化粧水は今の所考えられません。この化粧水に出会えて良かったです。同シリーズのクリームも発売されている様なので相乗効果を狙ってこちらも使ってみたいと思います。引用元:アットコスメ

 

さらさらとした化粧水で肌に気持ちよくさっぱり塗れて乾いた後も肌がさらさらしていて肌さわりも良くてお肌への相性もよかったです鼻の赤みがずっと酷くずっと気になっていたのですが毛細血管が原因とは知りませんでしたしろ彩を使い出してから赤みも目立たなくなってきてすっぴんでも気にならないから自身が持てます 引用元:アットコスメ

 

顔の赤みを気にしており興味を持ったのがきっかけでした。実際に使ってみるとすこしとろみのあるテクスチャーでみずみずしく使えてべたつかずに使い易かったです。浸透力と保湿力も良かったです。赤みが落ち着いてメイクも薄くてすむので助かります。しっかりとうるおう肌になり贅沢な美容成分で大満足でした。引用元:アットコスメ

 

1-2. ULUシェイクモイストミルク 

 

余計な成分は入れず、肌に優しい処方でかつ完全無添加にこだわったオールインワンミルク。
ミルクと表示されいていますが、振ってから使うサラッとした化粧水のようなテクスチャーです。

ULUシェイクモイストミルクの画像

価格:4,500円(税抜)
内容量:110ml
無添加処方:界面活性剤フリー:シリコンフリー・ポリマーフリー・鉱物油フリー・無香料・無着色・石油系成分フリー

特長:完全無添加なので肌に優しく、赤ちゃんからお年寄りの方まで安心して使用可能

防腐剤が入っていないので、手にする商品は常に作りための商品ということで安心できますが、逆に開封後2ヶ月以内には使い切らなければいけません。他の化粧品と混同しないように早めに使い切る必要があります。
また、水と油を馴染みやすくする界面活性剤が不使用のため、商品自体がもともと分離しているので、使用する際には振って使う必要があるようです。

特徴②ヒト型セラミド3を使用してバリア機能を強化し赤みをケアする

肌が赤くなる要因として「肌のバリア機能の低下」もあります。

・肌の外側の水分の蒸発を防ぐ皮脂膜
・肌内部で水分を保持する天然保湿因子
・また細胞と細胞の間の隙間を埋めて水分の蒸発を防ぐセラミド 

のバランスを整えるためにもバリア機能が正常に働くことが必須となります。

こんなお悩みの方におすすめです

☑肌の赤みと鼻の毛穴がきになる
☑長年赤ら顔に悩んでいる
☑肌の赤みがきになる
☑顔が赤いとよく指摘される

使い方

1本で導入液・化粧水/乳液・美容液・拭き取り化粧水の5役ができるオールインワンミルクなので、洗顔後はこれ1本で保湿のお手入れが完了します。

①朝晩の洗顔後、適量を手に取り、顔全体に丁寧になじませた後、両手で包み込むように軽く押さえます。肌がしっとりと潤うまで重ね付けをして下さい。

 

口コミ

最初の1日は少しピリピリしました。痒みはありませんでしたが、合わないのかなと思っていたら、2日目からはピリピリせずに肌にどんどん吸収していきました。乾燥肌の私にはオールインワンなシェイクモイストミルクだけだと足らないので、元々使っていたクリームもその後につけています。引用元:アットコスメ

 

1週間経った今は、顔の赤みが少し薄くなってきました。とても効果があったのは毛穴が締まってきて、脂浮きがなくなってきた事です。昼休みには必ずあぶらとり紙で、拭いていたのですが、今はあぶらとり紙を使うほど脂が浮いてこないし、乾燥する事もないので、とても嬉しいです。毛穴が締まってきたので、肌も少し綺麗に見えるし、赤みが少し治ったことで、肌が少し明るくなりました。引用元:アットコスメ

 

長年頬の赤みに悩んでいます。使用して一週間経ちました。頬の赤みに関しては、若干良くなったかな?という印象。ただ、透明感は増しました!保湿力は、まずまずです。不自然にベトベトせず、サラッとした使い心地がいいですね。つけた瞬間、肌に浸透していく感じ。ただ、湿度が低い日は、少しつっぱります。(私は乾燥肌です)そういう時は、さらに美容液などを足して使用。引用元:アットコスメ

 

1-3. レッドフェイストナー 

大手メーカー発売の赤ら顔対応化粧水です。皮膚の専門家が作ったカラーコントロールローションで、アレルギーテスト済みの商品です。

RED FACE TONERの画像

価格:4,800円(税抜)
内容量:110ml
無添加処方:記載なし

特長:植物由来のビタミンK様作用成分をナノ化して配合

アボガド油・ローズヒップ油・キョウニン油・ダイズ発酵エキスなどの、植物由来のビタミンK様作用成分が赤ら顔の原因にアプローチし、赤ら顔の改善に導くようです。
色々調べましたが、赤ら顔に作用する根拠についてはHPには記載がありませんでした。

こんなお悩みの方におすすめです

☑皮膚が薄く頬が赤い
☑肌色が悪い
☑目の下がどんよりしている

使い方

 ①洗顔後(朝・夜)、乾いた手のひらに適量(500円玉硬貨程度)を取り、顔全体になじませます。
その後、<アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャー>で保湿することをおすすめいたします。

 

口コミ

私の赤みには効きました。血行不良(毛細血管拡張)用化粧水です。これのおかげで、赤ら顔ではなくピンク顔になりました。ピンクくらいならファンデで隠せるので十分です。ビタミンKありがとう。引用元:アットコスメ

 

使い続けて1年くらいあれー…全然変わらないー…最初は「あれ?今日ほっぺ赤くないかも!」とか思ったこともありましたが、気のせいだったかなーという感じ。引用元:アットコスメ

 

レッドフェイトナーに関しては、クチコミでは効果がある人とない人の差が激しいように感じました。

 

2. 赤ら顔を改善する化粧水の選び方 4つのポイント

2-1. 肌のバリア機能を補うセラミドが配合されている

敏感肌の方は刺激に弱いために、肌が赤くなりやすい場合があります。またアトピー性皮膚炎など皮膚トラブルによって肌が赤くなっている方もいます

このような方は、肌のバリア機能を強化するセラミドが配合されたものを選ぶ必要があります。

セラミドとは・・・セラミドは肌と肌の間を埋める細胞間脂質の1つで、しっかりと細胞が密着していることで、アレルギーのもととなる異物や紫外線をブロクすることができます。

セラミドを肌に補うことで

・外的刺激である紫外線や花粉や細菌などから肌を守る
・細胞間にある水分を外に蒸発することなく留めることができる

そのためセラミドの入った化粧品を選び、バリア機能の低下した肌を修復させ肌を強化する必要があります。

 

2-2. 浸透力が高い

せっかく効果のある成分が配合されている化粧水を使用しても、肌に浸透せずただ蒸発してしまったら使う意味がありません。

赤ら顔の方は、肌の角質層が乱れ、ターンオーバーの周期が長くなっているので普通の人よりも肌への浸透がしにくくなっています。だからこそ、化粧水自体浸透力が高いものを選ぶ必要があります。

2-3. 低刺激で安全性が高く、無添加処方

赤ら顔の方は、肌の角質層の乱れにより肌が敏感になっているのが特長です。そのために、使う化粧水は極力肌への刺激が少ない無添加の物を選ぶ必要があります。

下記の成分は肌に刺激になる可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

・アルコール
・着色料
・鉱物油
・香料
・パラベン(防腐剤)
・ステアリルアルコール
・メチルイソチアゾリノン(防腐剤)
・パラフェノールスルホン酸亜鉛(殺菌剤)
・サリチル酸(殺菌剤)
・赤色○号など(着色料)

2-4. 赤ら顔が改善できる根拠がある

 

広告で「赤ら顔が改善できる」と表示されている商品があると思いますが、その化粧品がどうして赤ら顔を改善できるのが、しっかりHPで記載してある化粧水を選ぶ必要があります。

臨床検査済みなど肌への安全性が検証されているものは信頼度が高いといえますね。

曖昧な表現ではなく、しっかりと○○成分が○○に働きかけ、結果赤ら顔の改善にアプローチするなど明確に記載してあるものを選び、はっきりと成分名が記載されいないものはやめましょう。

 

3. まとめ

キュウに顔が赤くなる、小鼻の周りが赤くなるといった赤ら顔は、隠すだけでなく根本から改善するといった方法もあります。すごく種類は少ないですが、赤ら顔に特化した化粧水が3点ありますので、特長やクチコミ、効果をしっかりと確認して、自分の肌に合ったものを選ぶといいですね。