もうつっぱらない!乾燥肌の方におすすめの洗顔料と正しい洗顔方法

泡の画像

乾燥肌の人で、肌がつっぱる、粉吹く、ニキビが頻繁にでるなどのお悩みを抱えていませんか?
そのような悩みを抱えている乾燥肌の方の多くが、「正しいスキンケアをしているつもり」になっていて、実は誤ったケアをしていることが多いのです。

今回は意外と見落とされがちなケア方法を踏まえた、本当に正しい洗顔方法についてご紹介します。

 

1. 乾燥肌にならないための正しい洗顔方法

 

洗顔後に肌が突っ張ったように感じるのは、肌が乾燥状態にあるというサインでもあります。洗顔料があわないという原因もありますが、洗顔方法にも問題があるようです。

洗顔は、肌についている余計なものを取り除いて肌を綺麗にすることです。

菌が繁殖すればニキビの原因にもなるし、溜まった皮脂をそのままにすれば、皮脂が酸化しメラニン色素が変質することでしみの原因にもなってしまいます。そのために洗顔は必要になりますが、あくまでもの肌についた汚れを落とすものであって、間違った洗顔をすると肌の乾燥を加速してしまうので注意しましょう。

 

1-1. 素洗いする

ますは、汗やホコリのちょっとした汚れをおとすために、水で落とせる汚れはすべて落としておきましょう。ちなみに温度は30度くらい、手のひらで触ってちょっとぬるいなと感じる程度です。

 

1-2. 洗顔料を手のひらもしくはネットで泡立てる

ポイントは、きめ細かな泡を多く作ることです。肌と手のひらの間に泡のクッションをつくり、なるべく指が直接肌に触れないように、そして細かな泡で毛穴の汚れをしっかりと取り除くようにしましょう。

泡で出てくるタイプであれば問題ないですが、チューブタイプ、固形タイプは、泡立てネットを使うと、細かい泡をたくさん作ることができます。

 

1-3. 洗うのではなく、泡を肌に乗せるだけ

たくさん作った細かな泡で顔をゴシゴシするのではなく、肌をパックする要領で、泡を顔に乗せるだけで大丈夫です。何もしなくても泡が肌の汚れをどんどん吸着してくれるのでこすらずただ、「肌に乗せるだけ」で大丈夫です。30秒ほど顔にのせたあと、汚れが気になるTゾーン(おでこ・鼻・あご)などは、優しく手指の腹でくるくるしながら優しく落としましょう。

 

1-4. 洗い残しがないようにしっかりとすすぐ

すすぎ残しが原因で、ニキビや肌荒れが起きたりすることもあります。あごや髪の生え際などはすすぎ残しがないように念入りにすることが大切です。少なくとも10回以上はすすぎをしてください。

 

2. 乾燥肌におすすめの洗顔料

洗顔料には泡タイプ、チューブタイプ、固形タイプがあります。今回は乾燥肌におすすめの洗い上がりがしっとりした肌に優しい洗顔料をタイプ別にご紹介します。

 

2-1. フォームタイプ

洗顔1の画像

商品名:肌楽プラセンタ 洗顔フォーム
メーカー名:マックス

特徴:敏感肌の方のためのプラセンタスキンケアシリーズが誕生しました。創業から100年以上培った特別な“石鹸あわ”の技術によって、洗顔時の肌をやさしく洗い上げます。又、肌の弱い方へは刺激となる香料、着色料、鉱物油、パラベンの4つの成分を無添加。美容成分として、高精製で肌へ刺激の少ない十勝プラセンタを配合しました。

価格:150g/2,400円(税抜)

おすすめポイント!

ワンプッシュで泡が出てくるので、泡立てる手間がかかりません。高精製で肌への刺激が少ない十勝プラセンタを称してあるので、敏感肌の方にもおすすめです。柔らかくなめらかな泡で、洗い上がりはしっとりしています。

 

とても柔らかでなめらかな泡で心地良く泡洗顔できました^^
低刺激で、洗い上がりも、ツッパリ感なく、なめらかな洗い上がりでした^^
肌の弱い方へは刺激となる香料、着色料、鉱物油、パラベンの4つの成分を無添加とあり、安心です^^引用:アットコスメ gura_dhanさん

 

泡で出てくるので忙しい朝にも泡立てる手間が省けて便利!
つっぱることもなく、洗った後に肌がしっとり落ち着いているので洗い上がりの肌も好きです。
もこもこのきめ細かい泡が肌を優しく洗ってくれてつっぱらない!わたしはデコルテまで洗っています。
引用:アットコスメ HaRuKaさん

2-2. チューブタイプ

製薬会社の肌研究から生まれた薬用洗顔フォームです。しっとりしていて洗い上がりのつっぱり感もなし。洗顔フォームで、

洗顔2の画像

商品名:トランシーノ 薬用クリアウォッシュ
メーカー名:第一三共ヘルスケア

特徴:透明感のある明るい肌へと導く、薬用洗顔料。なめらかでクリーミーな、キメ細かい泡が肌に密着し、余分な角質や毛穴の黒ずみを除去します。保湿クリーム成分約50%配合で、しっとりした洗い上がり。次に使う化粧品がなじみやすい、透明感のある素肌へと導きます。肌へのやさしさにもこだわった処方です。(医薬部外品)

価格:100g/1,800円(税抜)

おすすめポイント!

製薬会社の肌研究から生まれた薬用洗顔フォームです。しっとりしていて洗い上がりのつっぱり感もなし。洗顔フォームなのに、美白成分「トラネキサム酸」も配合されているので、シミ・くすみも予防してくれます。約1cmくらいで驚くほど濃厚な泡が簡単にできるので、泡パックに最適です。

 

濃密な泡が仕上がります!洗い上がりも全くつっぱりません(´∀`*)
ダブル洗顔もいらないくらいマイクロリッチな泡に包まれてスッキリもします。
引用:アットコスメ ひろぺんさん

 

泡だてネットを使用すると濃密でキメの細かいモッチリとした泡が素早く作れモコモコで気持ち良いです。
洗い上がりも突っ張らずしっとりしていてワントーン明るくなったように思えます
引用:アットコスメ ねこmumuねこtoraさん

 

2-3. 固形タイプ

洗顔3の画像

商品名:雪肌精 化粧水仕立て石けん
メーカー名:コーセー

特徴:植物由来の石けん成分と、和漢植物エキスたっぷりの化粧水成分からできた美容石けん。洗い上がりはしっとり、なめらかで、透明感の高い肌に洗い上げます。吸着力の高いキメ細かな泡が、肌に負担感をあたえずに、毛穴汚れや余分な皮脂をケア。メラニンを含む古い角質をやわらかくして、はがれやすくします。

価格:ケース付き100g/2,200円(税抜)

おすすめポイント!

こまかいもっちりの泡ができるので、泡パックにおすすめです。顔に乗せて1分置くだけで、泡が皮脂の汚れや黒ずみ吸着してくれるので、洗い流した後はワントーン明るくなりますよ♪ 1人なら半年ほど使用できるのでコスパにも優れています。

石鹸の洗顔って何だか面倒でなかなか手を出さなかったのですが試しに…と使用してみました。
次の日の朝とかの化粧ノリとかすごく違う!とわかるぐらいでした。
引用:アットコスメ Yuri*さん

 

この石鹸泡立ちが良くて、ふわふわしっかりした泡が出来上がります。
私の使い方は、泡だてネットを使い

優しく顔に乗せて(朝なのでゴシゴシと洗いません)

1分ほど放置

そうすると化粧水効果があるのか、少しだけ置くと肌がしっとりするような気がします。
石鹸では久々のヒットですコストパフォーマンスにも優れ、主婦の私には有難い商品だと思います。
引用:アットコスメ Shi-sanさん

フォームタイプ以外は洗顔ネットを利用すると簡単にきめ細かな泡を作ることが出来ますので、泡が上手に作れないという方は利用してみてください。

ネットの画像

 

3. 乾燥肌にならないための洗顔後のケア方法

正しい方法で洗顔を行っていても、洗顔後のケアを怠ると、乾燥が更に悪化することがあるので、洗顔後のケアも重要になってきます。

特に保湿効果の高い洗顔料を使用すると、洗顔後の肌のつっぱりが抑えられるのでついついスキンケアおこなうのを忘れてしまいがちです。ただ、ここでしっかりとケアをしないとつっぱり肌に逆戻りしてしま可能性がありますので油断禁物です!

では、洗顔後はどのようなケアをすれば良いのでしょうか。

3-1. うるおいをたっぷりと

そもそも、洗顔後につっぱりを感じる人は普段のスキンケア不足の方も多いようです。洗顔後やお風呂の後は肌の水分が急激にとんでいくので、乾燥肌の方はまずすぐに化粧水をたっぷりと肌に入れ込んであげましょう。

時間が無い方は、化粧水をスプレーボトルに入れて、とりあえずシュッシュしておくだけでもOKです。

手軽に使えるオールインワンゲルなら忙しい方にもおすすめですし、マクス上のパックに化粧水を染み込ませてマスクパックをしながら家事や洗濯をしても大丈夫。とにかく「すぐにケアをする」が肝心となります。

 

3-2. ベビーオイルでフタをする

肌に入れ込んだオイルが蒸発しないように、オイルをプラスすることで乾燥肌を防ぐことが出来ます。ベビーオイルなら赤ちゃんにも優しい処方なので、肌が弱い方でも安心です。

ベビーオイルの画像

 

4. 洗顔後ケアする時間が全くない人にはこんな裏技も!

忙しく、洗顔後のほんのちょっとした時間も取れないという方には、こんな方法もおすすめです。

4-1. お風呂から上る前にスキンケア

洗顔後の時間が取れない方や、つっぱり感がひどい方には浴室内でスキンケアをしてみてください。

浴室内は湿度が高いので、急激な肌の乾燥を防げますし、特に毛穴が開いた状態なのでしっかりと肌内部に浸透させることが出来ます。

また、肌に水分がある状態で、ミルクやクリームなどの蓋をする役割のスキンケアをすることによって、浴槽から出たときの急激な水分の蒸発を防ぐことが出来ます。

4-2. ベビーオイルをプラスして洗顔

洗顔料にほんの数滴ベビーオイルをプラスすることで。肌への摩擦を減らすことができるし、泡立てた時にきめ細かな泡を作ることが出来ます。ベビーオイル以外でもオリーブオイルやココナッツオイル、ホホバオイルなどで代用することが出来ます。

4-3. 水洗顔

肌が乾燥したり、スキンケアが浸透しない方は、肌の洗いすぎが原因の可能性もあります。

洗顔料をつけず、汚れだけを洗い流すことで“肌本来の力で肌の健康をとりもどそう”という洗顔法になります。肌がつっぱっていても、健康な肌状態なら肌本来の力で回復することができます。ただ、つっぱりが感があるのは、角質が必要以上に剥がれている可能性があるので、まずはとりすぎを防ぐためにも、洗顔料はなしで水だけで肌を綺麗にすることも大切です。

 

5. まとめ

 自分の洗顔方法を比べてどうでしたか?
乾燥肌で、洗顔後のつっぱりが気になる方は、洗顔料を洗い上がりがしっとりしてものにするか、正しい洗顔方法に変えるだけですぐに変化がでますので、ぜひ試してみてください♪