乾燥による顔のかゆみの原因|かゆいと感じたら保湿ケアが重要!

乾燥して皮が剥けている女性の顔の画像

顔が乾燥してかゆい!という方は、冬だけでなく、春・夏など季節問わずいらっしゃいます。

その原因は乾燥によって、肌を外的刺激から守ってくれるバリア機能が低下することが原因に考えられます。

この記事では乾燥によってかゆみが生じるメカニズムや、原因、肌のケア方法について詳しく解説しています。

肌のケアといってもスキンケア以外に、食生活や睡眠、ストレスなどの生活習慣による影響も十分にあるため、外側からのケアを行いつつ、内面からもケアをしていきましょう!

また、自分ではただの乾燥によるかゆみと思っていても、実は皮膚炎だったということもあるので、かゆみ意外に、赤みや湿疹などの症状があったら皮膚科へ行きましょう。

 

1. 乾燥によるかゆみの原因はバリア機能の低下

女性が顔をかゆがっている画像

顔が乾燥している状態は、肌にかゆみが生じやすい状態です。

正常な皮膚の表皮は、外部からの異物が侵入するのを防ぎ、肌に水分量を保つバリア機能がしっかりと機能しています。

しかし、乾燥した肌はバリア機能が低下し、水分や油分が失われ、外からの刺激に無防備な状態のため、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応してしまうので、かゆみが生じるのです。

 

1-1. ヒスタミンによって知覚神経を刺激してかゆみを感じる

バリア機能が低下した肌に花粉や化粧品の成分など刺激になるものが触れると、「ヒスタミン」と呼ばれる物質が出ます。

そのヒスタミンが知覚神経を刺激して脳に伝わると「かゆみ」が起こります。

バリア機能が低下している時は刺激に対して過剰に反応してしまうほか、表皮の奥にある神経繊維が角質層に向かって伸びてくるため、かゆみを感じやすくなってしまいます。

 

バリア機能が低下する要因

  • 乾燥の悪化
  • ストレスや生活習慣によるターンオーバーの乱れ
  • 肌に合わない化粧品、誤ったスキンケアによる刺激
  • 加齢による水分保持機能の低下
  • 生理や妊娠などによるホルモンバランスの乱れ
  • アトピー性皮膚炎などもともとの肌質

 

2. 肌が乾燥してかゆみがある場合は保湿ケア

肌が乾燥してかゆみが生じている場合は、まず行うべきケアは『保湿』です。

乾燥によって肌のバリア機能が低下している状態のため、まずは低下したバリア機能を高めるためのケアをし、日常的なスキンケア方法に誤りがないかどうかを見直しましょう。

また、バリア機能が低下している肌は、化粧品に含有されている成分にも過敏になっている状態なので、敏感肌向けのスキンケアの使用がおすすめです。

そこでスキンケアのポイントから、肌が敏感になっている方におすすめのスキンケアの選び方・商品、正しいスキンケア方法についてご紹介します。

 

2-1. 化粧水と乳液・クリームだけのシンプルケアでOK

スキンケアしている女性の画像

乾燥しかゆみがある肌状態は、とても敏感な状態なので、保湿するために美容液やオイルをプラスするなどのケアはかえって、刺激の原因になる可能性もあるので一切不要です。

そのかわりに、化粧水の量をたっぷりと増やし、肌にうるおいを与えた後、乳液またはクリームでしっかりと保湿してあげることが重要になります。

 

化粧水のポイント

1度に500円硬貨大を手にとり、ハンドプレスしてなじませる。

これを3〜4回繰り返し、かさねづけする。

※パンパン叩くようにパッティングするのはNG

 

乳液・クリームのポイント

顔にさっと塗って終わらせず、顔にしっかりと浸透させるイメージで顔になじませます。

※マッサージがてらグイグイなじませるのはNG

 

2-2. セラミド配合の敏感肌向けスキンケアを選ぶ

保湿成分のイメージ画像

セラミドはバリア機能を支える成分のひとつである「細胞間脂質」の主成分です。

保湿力が非常に高く、スキンケア成分としても効果が高い成分になりますので、スキンケアを選ぶ際は、セラミド配合かどうかを必ずチェックしましょう。

 

刺激に過敏な状態なのでアルコール・パラベンは避けましょう

肌に刺激を感じやすい成分は下記のような成分が挙げられますが、特にバリア機能がしている肌は「アルコール」・「パラベン」だけは必ず避けるようにしましょう。

  • アルコール
  • パラベン
  • 鉱物油
  • 香料
  • 着色料
  • 界面活性剤

セラミド配合で、肌に刺激となる成分ができるだけ少ないものを選ぶことが、乾燥によってかゆみが生じている肌にはおすすめです。

次の章では、こちらのポイントを踏まえたおすすめのスキンケア方法についてご紹介させていただきます。

 

2-3. 刺激に敏感な肌におすすめのスキンケア

数多くある敏感肌向けスキンケアの中から厳選したスキンケアをご紹介します。

 

白漢しろ彩/ラメラローション

白漢しろ彩ラメラローションの画像

天然ヒト型セラミド配合!バリア機能を高める100%ラメラ構造化粧水

価格:¥5,600(税抜)
内容量:100mL
低刺激処方:アルコール・パラベン・フェノキシエタノール・香料・着色料・鉱物油・パッチテスト済み

肌はラメラ構造という水と油の層でできていますが、その肌構造と同じラメラ構造で100%できているので、肌への浸透性が良いだけでなく、バリア機能を高める効果があります。

また、セラミドもNG,NP配合のためしっかりと保湿をしてくれます。

 

アルージェ/モイスチャー リッチローション(とてもしっとり)

アルージェ の化粧水の画像

ナノ化したビオセラミド配合の医薬部外品化粧水

価格:2,500円(税抜)
内容量: 120mL
低刺激処方: 無着色・無香料・無鉱物油・界面活性剤不使用・ノンアルコール・パラベンフリー・アレルギーテスト済・パッチテスト済み。コメドテスト済み・旧指定成分無添加

肌荒れを抑える有効成分のダブル配合(グリチルリチン酸2Kε-アミノカプロン酸)により、敏感な肌をケアしてくれます。

保湿成分であるビオセラミドが角層をうるおし、セラミド産生をサポートします。

 

ヒフミド/エッセンスローション

ヒフミドの画像

3種のセラミド配合のハリを与える化粧水

価格:3,000円(税抜)
内容量:120mL
低刺激処方:アルコール・パラベンフリー

肌へうるおいを与え、豊かなハリを目覚めさせる化粧水。

厳選した保湿成分が、角質層のすみずみまで行きわたり、弾むようなハリ感と、 しっとりと肌が吸いつくような感触の肌へと導きます。

 

2-4. 正しいスキンケア方法を身につけましょう

肌のバリア機能を低下させてしまう要因は様々ありますが、日常的なスキンケアの方法によって悪影響を受けていることも非常に多いです。

肌に負担をかけないスキンケアを使用しながら、正しいスキンケア方法についてもしっかり学んでいきましょう!

 

クレンジングは1分目安の短時間でおわらせる

洗顔する女性の画像

メイクや汚れをしっかりと落とすために丁寧に時間をかけている方もいらっしゃいますが、クレンジングは洗浄力が強い化粧品なので、肌にのせている時間が長いほど負担になります。

時間をかけずに、1分以内を目安に終えるようにしましょう。

【ポイント】

  • ポイントメイクは目元用クレンジングで先に落とす
  • クレンジングはたっぷり使用する
  • Tゾーンからクレンジング剤をのせて、力を入れずに行う
  • 32度前後のぬるま湯で十分に洗い流す

 

洗顔する際は肌に優しく触れる

洗顔する女性の画像

汚れや角質を落とすためにゴシゴシ洗ったり、中には爪を立てて肌を擦る人もいます。これは肌の角質層が無理に剥がされ、刺激や乾燥の原因に直結します。

肌に触れる時は、力を加えず、優しく触れるようにしましょう!

【ポイント】

  • 洗顔料をしっかり泡立てる
  • 皮脂の多いTゾーンから洗顔料をのせる
  • 敏感肌はスクラブ洗顔は極力避ける
  • 洗顔後のふき取りはタオルでおさえるように拭く
  • シャワーで洗い流さない

 

化粧水はコットンよりも手でつける

化粧水を浸透させる女性の画像

コットンが毛羽立ってしまった状態で肌に擦りすぎてしまうと、肌に摩擦を与え負担をかけてしまうこともあります。

よっぽどのこだわりあるコットンであれば別ですが、基本的に肌が敏感な方は、手で化粧水をつけることをおすすめします。

【ポイント】

  • 洗顔後はすぐに化粧水をつける(特にお風呂上がりなど)
  • 1度に500円硬貨大を手に取る
  • 体温程度に軽く温めてから顔にのせる
  • ハンドプレスで優しく浸透させる

 

化粧水の後は、必ず乳液orクリームつける

顔にクリームを塗る女性の画像

暖かい季節やお風呂上がりなど、化粧水だけでスキンケアを終えていることありませんか?

化粧水だけで終わらせてしまうと、せっかく肌に浸透させた化粧水がどんどん乾燥している空気中で蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。

化粧水を浸透させた後は、必ず乳液またはクリームを使用しましょう。

【ポイント】

  • 化粧水が浸透しきってからすぐにのせる
  • 擦らないようになじませる
  • 乾燥しやすい部分は入念に保湿する
  • よっぽど保湿が足りない時はプラスでオイルを使用する
特に乾燥が進んでいる肌には、乳液よりもクリームの方が油性成分が多く、保湿力が高いものが多いのでおすすめです。

 

スキンケア方法についての詳しい内容については、こちらの記事でもご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

敏感肌は正しいスキンケア方法でケアが重要|適切なケアで肌質改善!

 

3. 顔に湿疹・赤みがある場合は皮膚炎などの可能性も

皮膚炎の画像

かゆみ以外の症状で湿疹や赤みなどが出ている場合は、皮膚炎などの可能性もあります。その場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

こちらでは顔が乾燥することでなりやすい皮膚炎について解説しています。

 

3-1. 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

接触性皮膚炎とは、皮膚に接触したものが原因で起こる皮膚炎で、刺激によるものとアレルギーによるものの2つがあります。

刺激によるもの

ある一定の濃度であれば、初めてでも誰でも生じます。刺激が強い場合、数分~数時間で痛みを伴った赤み、水疱を起こすことがあります。刺激が弱いと症状がでるまで時間がかかります。

アレルギーによるもの

体に合わないもの(アレルゲン)を取り除こうとして起こる皮膚炎です。そのアレルゲンにアレルギーを持ってしまった、特定の人にのみ起こります。

また、光が関係して起こる光接触皮膚炎もあります。

 

症状は、接触したところに小さな水疱や赤いブツブツが多発し、境界がはっきりした赤みが出ることが多くかゆみが強いです。原因のものを取り除くと治ります。

かぶれが強いと接触しない部位にもアレルギー反応で、全身にブツブツが出ることがあります。

 

3-2. 乾皮症(かっぴしょう)

乾皮症とは、皮膚の脂が減ることにより、皮膚の水分が減少して、乾燥が生じてしまう病気です。

診断は、軽度から中等度の鱗屑(うろこ状のくず)を伴う乾燥した皮膚が、小さなフケ状に剥がれ落ちる様子を確認することで乾皮症と診断されます。

乾皮症の状態が続くと真皮に存在するかゆみの知覚神経線維が表皮に伸びています。

そのような状態ではかゆみに対して刺激レベルが低くても敏感に感じ取ってしまうようになり、わずかな物理的刺激でもかゆみのスイッチが入って過敏になるのです。

 

3-3. アトピー性皮膚炎

強いかゆみのある湿疹(小さな赤いぶつぶつ)を主な症状とし、良くなったり悪くなったりを繰り返す、慢性的な病気で、患者さんの多くはアトピー性皮膚炎を起こしやすい遺伝的な素因をもっています。

肌が乾燥してかさかさした状態になると、角質層のバリア機能が低下しすることで、さまざまな刺激を受けやすく、アレルギーの原因となるアレルゲンも侵入しやすくなりますので、それがきっかけでアトピーになる人もいます。

 

4. まとめ

乾燥している肌状態は肌のバリア機能が低下し、敏感肌肌状態なのでかゆみを感じやすいです。

かゆみを改善するためにも、まずは乾燥している肌をしっかりと保湿し、スキンケアの面からも、生活習慣の面からもケアしてあげることが重要です。

それ以外にも乾燥が原因となって皮膚炎になってしまう場合や、そもそもただの乾燥ではなかったということも考えられますので、肌状態を見て異変を感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。

 

また、乾燥してかゆみのある肌は、洗顔料でさえ刺激に感じてしまうこともあるので、肌に合う洗顔料がないとお困りの方は、敏感肌でも使用できる洗顔料をご紹介していますので、こちらの記事も合わせてみてみて下さいね。

関連記事

【医学誌掲載】敏感肌の原因「バリア機能の低下」をケアする和漢化粧水

敏感肌で肌に合う化粧品があまりないと悩んでいませんか?

多くの女性が悩んでいる敏感肌の原因は「バリア機能の低下」が関係しています。

実は、その敏感肌の原因である「バリア機能」をケアして、肌質を整えてくれる化粧水があるんです。

それが!肌構造と同じラメラ構造でつくられた4種の和漢植物エキス配合の敏感肌化粧水「白漢しろ彩」です。

 

白漢しろ彩ラメラローションの画像

  • 医学誌掲載!医師の91.8%が使い続けたいと回答!
  • アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油不使用の無添加処方
  • 肌への安全性を臨床試験済み
  • お肌に合わなかった時は『30日間返金保証』付き