赤ら顔治療の皮膚科・クリニック一覧|赤ら顔治療の皮膚科の選び方

皮膚科で治療している画像

赤ら顔の改善には、セルフケア以外にも専門の皮膚科やクリニックなどで治療する選択肢があります。

赤ら顔といっても症状や原因はさまざまなので、その症状にあった適切な治療が重要です。

 皮膚科といってもどこに行けばいいかわからないという方のために、赤ら顔治療の皮膚科選びのポイントと赤ら顔治療を行なっている皮膚科のリストをご紹介しています。

大切なのは信頼できる医師と治療を進めていくことなので、気になる皮膚科やクリニックがあれば、事前に電話などで相談してみることもおすすめです。 

 

1. 赤ら顔の治療をしてる皮膚科を選ぶポイント

赤ら顔でお悩みの方で、皮膚科って言っても近所にあるような普通の皮膚科に行けばいいの?!と疑問をお持ちの方も多いと思います。

もちろんかかりつけの皮膚科があればいいですが、それ以外の場合は、赤ら顔の原因や症状はさまざまなので、事前にその病院で赤ら顔治療をしているのかを事前に調べてからいくとスムーズです。

そこで、赤ら顔治療をするためにの皮膚科・クリニック選びのポイントをご紹介。

 

1-1. 具体的に赤ら顔について症状や原因などの記述がある

赤ら顔の治療をする皮膚科選びは、皮膚科・クリニックのホームページなどに赤ら顔についての具体的な症例や知識が記載されているかどうかを第一の判断基準にしていくと良いでしょう。

赤ら顔といっても原因や症状は様々です。

皮膚科やクリニックによっては「赤ら顔=毛細血管拡張症」と断定しているところもあります。そういった病院へは初回の診断でいくのではなく、セカンドオピニオンなどでいくことをおすすめします。

 また、赤ら顔についての症例を掲載している病院では、赤ら顔の治療内容がいくつか選択肢があるところもありますので、医師と相談の上で治療方法を決めていくといいでしょう。

 

2. “赤ら顔”の治療について情報発信をしている皮膚科・クリニック

赤ら顔について、ホームページやブログで情報発信をしている皮膚科・クリニックを主要都市に絞ってリストアップしました。

事前にホームページを確認したり、電話で症状を詳しく話してみるなどして、信頼のおける医師を探してみましょう。

 

2-1. 店舗展開している皮膚科・クリニック

 

レーザー治療・エイジングケア専門のクリニックで全国5院に店舗展開。

恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪

 

30年以上の歴史と実績のある全国27院店舗展開しているクリニック。

池袋新宿立川横浜大宮高崎水戸津田沼甲府長野郡山名古屋豊橋岐阜四日市静岡金沢富山大阪京都姫路岡山松山福岡長崎

 

品川グループの美容皮膚科である品川スキンクリニック、全国21院店舗展開。

札幌、新潟、品川、表参道、池袋、銀座、上野、立川、大宮、千葉、名古屋、梅田、心斎橋、京都、神戸、岡山、広島、福岡、鹿児島、熊本、沖縄

 

2-2. 地方別の皮膚科・クリニック一覧

赤ら顔治療を行なっていたり、ホームページなどで赤ら顔についての情報発信をしているクリニックをご紹介しています。

これを基準に皮膚科やクリニックを探すと、やはり東京都など首都圏には複数院ありましたが、地方都市などは、私の基準では一県に一院ほどしか見つけられませんでした。

ですがホームページ内で情報発信していない皮膚科でも、赤ら顔治療対応しているところはあると思いますので、一覧以外の皮膚科に行く際は事前に電話で問い合わせて行くことをおすすめします。

 

関東地方

関東地方

【東京都】

専門医が赤ら顔の原因を診断し、原因にあったベストな治療方法を提案してくれます。

TEL:0120-010-099
住所:〒107-0061 東京都港区北青山2-7-26 ランドワーク青山ビル 7F

 

赤ら顔に対しての豊富な知識をもとに、機器を使う施術法と注射・点滴を使う施術法で治療ができます。

TEL:0120-5587-10
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F

 

公式サイトの赤ら顔についてのコンテンツが充実しており、タイプ別による赤ら顔に合わせた豊富な治療方法があります。

TEL:0120-255-302
住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー2F

 

赤みの症状に合わせた豊富な治療メニューがあり、ダウンタイムなく治療ができます。

TEL:03-6418-4411
住所:〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前6-19-14 神宮前ハッピービル5階

 

疾患に合わせて、88台のレーザーで複合的に弱いレーザーや強いレーザーを組合わせて治療が可能。

TEL:03-3650-4103
住所:〒133-0057 東京都江戸川区西小岩1-29-1

 

赤ら顔を細かく症状別に分類し、症状に効果的な治療を提案してくれます。

TEL:03-5464-1656
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-14-7 アヴァン南青山B1

 

赤みの症状によって細かく治療方法が記載されています。

TEL:03-5773-0615
住所:〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-7-6 NEWWEST3階

 

赤ら顔治療の症例写真が豊富に掲載されています。主な治療はフォトフェイシャル。

TEL: 03-3880-0776
住所:〒120-0014 東京都足立区西綾瀬2-23-8 寿グランドマンション103

 

ホームページに院長のブログが掲載されており、赤ら顔の治療方法や症例写真について解説付きで掲載されています。

TEL:03-3987-1161
住所:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-2-1 ウイックスビル601

 

毛細血管拡張症を5つのタイプに分類し原因や治療方法・症例写真が細かく記載されています。

TEL:03-5332-7680
住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-2-5 フレンドビル3F

 

【埼玉県】

TEL:048-291-5266
住所:〒333-0811 埼玉県川口市戸塚1-5-30 東川口クリニックファーム3F

TEL:0120-241-929
住所:〒332-0017  埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

TEL:048-822-2220
住所:〒330-0063 さいたま市浦和区高砂1-8-10

 

【神奈川県】

TEL:0467-38-6700
住所:〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船2-26-22 湘風館3F

TEL:0465-21-0592
住所:〒250-0011 神奈川県小田原市栄町 1-4-5 お城通りビル(倉持ビル) 6F

TEL:045-228-7391
住所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート6F

TEL:046-278-2233
住所:
〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間1598 LAPLA中央林間メディカルビル3F

TEL:044-862-0880
住所:〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-2-6 鷺沼メディカルモールⅡ 

 

【千葉県】

柏院
TEL:0120-956-901

住所:〒277-0021 千葉県柏市中央町2-1柏センタービル6F

船橋院
TEL:0120-957-598
住所:〒273-0005 千葉県船橋市本町1-4-11 船橋小林ビル1F

TEL:0120-118-242
住所:〒273-0005 千葉県船橋市本町6-4-15 グラン大誠ビル 2F

TEL: 0439-57-0070
住所:〒
299-1152 千葉県君津市久保4-8-24

 

【栃木県】

TEL:0285-51-1551
住所:〒329-0511 栃木県下野市石橋803-1

 

【茨城県】

TEL:0299-77-7787
住所:〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中4526-10

 

【群馬県】

TEL:0274-62-1521
住所:〒370-2316 群馬県富岡市富岡1423番地

中部地方

中部地方

【新潟県】

TEL:0250-63-2222
住所:〒959-2062 新潟県阿賀野市市野山191−3

【長野県】

TEL:026-217-1230
住所:〒380-0928 長野県長野市若里4丁目14−35

【富山県】

TEL:0766-25-0012
住所:〒933-0871 富山県高岡市駅南3丁目5−33

【石川県】

TEL:076-294-7880
住所:〒921-8821 石川県野々市市白山町6-9

TEL:076-237-5858
住所:〒920-8203 石川県金沢市鞍月5丁目47

【福井県】

TEL:0776-27-6000
住所:〒910-0853 福井県福井市城東2-6-1

【愛知県】

TEL:052-589-1001
住所:〒
450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目41−20CK18名駅前ビル6F

【岐阜県】

TEL:058-259-4112
住所:〒501-6002 岐阜県羽島郡岐南町三宅8-137 ぎなんメディカルスクエア内 A区画

【静岡県】

TEL:053-472-7252
住所:〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬6-23-16 モリショウ第1ビル101

TEL:053-414-1112
住所:〒433-8113 
静岡県浜松市中区小豆餅2-16-25

近畿地方

近畿地方

【大阪府】

TEL:072-227-0666
住所:〒590-0077 大阪府堺市堺区中瓦町1-1-12

【京都府】

TEL:0773-22-3770
住所:〒620-0045 京都府福知山市字天田駅前町221‐1

TEL:075-231-8875
住所:
〒604-0885 京都府京都市中京区大津町645

【兵庫県】

TEL:078-785-1221
住所:
〒655-0047 兵庫県神戸市垂水区東舞子町10−1 Tio舞子6階

【奈良県】

TEL:0742-51-1122
住所:〒631-0041 奈良県奈良市学園大和町1丁目1438−1

【三重県】

TEL:059-378-1417
住所:〒513-0844 三重県鈴鹿市平田一丁目3番7号

【滋賀県】

TEL:077-531-2101
住所:〒520-0832 滋賀県大津市粟津町4-7

【和歌山県】

TEL:073-402-2200
住所:〒641-0051 和歌山市西高松1丁目5-50

九州地方

九州地方

【福岡県】

TEL:092-733-0871
住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ3階

【佐賀県】

TEL:0952-51-1655
住所:〒842-0031 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田2154-3

TEL:0952-32-1214
住所:〒849-0921 佐賀県佐賀市高木瀬西5丁目15-27

【長崎県】

TEL:0120-747-646
住所:〒850-0853 長崎県長崎市浜町8-11 YTビル4F

【熊本県】

TEL:0120-741-666
住所:〒860-0808 熊本県熊本市中央区手取本町11-1 テトリアくまもと銀染コアビル6階

【大分県】

TEL:0974-24-0120
住所:〒879-7131 大分県豊後大野市三重町市場1273-1

【宮崎県】

TEL:0985-56-5500
住所:〒880-0921 宮崎県宮崎市本郷南方2102-1

【鹿児島県】

TEL:0120-172-117
住所:〒892-0822 鹿児島県鹿児島市泉町5-1

【沖縄県】

TEL:098-870-2990
住所:〒901-2227 沖縄県宜野湾市字宇地泊729

TEL:098-861-1010
住所:〒900-0011 沖縄県那覇市上之屋1-18-36 沖縄映像センタービル2F

 

3. 皮膚科・クリニックでの主な赤ら顔治療

美容皮膚科や一般皮膚科では治療内容が異なることもあるため、分けてご紹介しています。

 

3-1. 美容皮膚科などでの主な治療

レーザー治療

レーザー治療とは、特殊な装置を使って、特定の波長の光を発生させ、それを患部に照射する治療法のことです。

照射するレーザーの種類によって、いろいろなレーザー治療がありますが、毛細血管拡張症の場合は、血液のヘモグロビンに反応するものを使い、毛細血管を凝固、収縮させて、赤みを消します。

レーザー治療の場合、保険適用になる場合と保険適用外の場合があるので治療を行う前にはしっかりと確認することが大切です。

医療機関で毛細血管拡張症と診断された場合は、Vビームのみ保険適用となります。

参考金額:保険適用で3割負担なら10㎠未満で6,500円(税抜)

※大きさで値段が変わるため確認が必要

 

フォトフェイシャルなどの光治療

マイルドな光を使ったフォトフェイシャル。コラーゲンの生成を活性化して、シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔等の肌悩みを総合的にケアできる治療法です。

保険治療ではなく、自費治療です。

参考価格:顔全体で30,000円(税抜)

 

ケミカルピーリング

フルーツ酸の一種である「グリコール酸」を皮膚に塗布し、表皮の古い角質を除去し、お肌の再生を促す治療法です。

グリコール酸配合ジェルを塗布することで表皮細胞の増殖を促進し、肌の新陳代謝を高めます。定期的に行うことで、新しい皮膚に生まれ変わるサイクルが安定し、美しい肌へと導きます。

参考価格:1回5,000〜20,000円(税抜)

 

3-2. 一般皮膚科での主な治療

漢方薬

漢方薬は天然の生薬を調合して作られているため、一般的な薬よりは体に優しいとされています。

市販の薬が病気の原因に直接的に作用するのに対し、漢方薬では体質の改善や自然治癒力を高めていくことで、慢性的な症状を緩和して体調を整えていきます。

保険適用で漢方薬を処方してもらうには、治療が目的の処方でなければいけませんので、予防のためや美容のためでは保険は適用できません。

医療機関によっては、健康保険がきかない自費診療をしているところもあるので、事前に問い合わせましょう。

 

外用薬・内服薬

主に保険治療です。処方される薬は赤ら顔でも症状によってなので、医師の診断に基づいて適切な薬が称されます。

まずはご自身がどのタイプの赤ら顔なのかを知り、適切な治療方法を知りましょう。

 

こちらの記事でチェックしてみてください。

赤ら顔の原因は?9つの赤ら顔タイプ別原因と対策のご紹介

 

4. 治療を受ける際の注意点

赤ら顔には肌の炎症など以外にも、酒さや毛細血管拡張症などの皮膚疾患が原因の場合もあります。

こういった疾患は、医師によっても診断内容が異なることもあるので、勧められた治療方法を3ヶ月間ほどを目安に試し、それでも一向に改善されない、変化がない場合は医師に相談してみましょう。

その他治療内容が適していたとしても、治療任せでセルフケアは全く何もしていないなどの場合は、改善されにくい場合もあるので、担当医に日常生活での気をつける点やスキンケアについてなどもしっかりと確認しましょう。

医師を目の前にすると聞きたいことが聞けなかったり、忘れてしまう方も多いと思うので、事前に聞きたいことや伝えておきたいことをメモして、診療時に確認していくと安心して治療を進めていくことができます。

 

5. まとめ

赤ら顔治療の皮膚科・クリニックを見つけることはできましたか?

実際に皮膚科をリサーチしてみたところ、東京都を含む関東地方の方が赤ら顔治療や赤ら顔についての情報を発信している皮膚科・クリニックが多い印象を受けました。 

リストに掲載されていない皮膚科・クリニックでももちろん赤ら顔診療や治療をしている病院はたくさんあると思いますので、気になっている病院があれば、事前に電話などで相談していってみるといいでしょう。

頬・鼻・おでこ【顔の赤み】が消えない、、、。

暑くもないのに頬や鼻が赤くて、家族や友人から「顔赤いね?熱あるの?」と言われて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

レーザーやクリニック、漢方など試したけど治らない、その赤ら顔のお悩みを解決できます。

この赤ら顔の主な原因である毛細血管の広がりにアプローチする成分「海洋性エキス」が発見されました。

なんとこの海洋性エキスによって86%の方に赤みの軽減が確認されています。

 

この赤みを軽減する効果があるのが「白漢しろ彩ラメラローション」です。

 

白漢しろ彩ラメラローションの画像

他のスキンケアにはない赤みの根本原因である毛細血管に作用する赤ら顔化粧水です。

・28日間の使用で、86%の方が赤みが軽減!

・敏感肌の方でも安心。東邦大学医学部皮膚科にて肌荒れについての臨床試験済み

・アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油が不使用の無添加処方

 

 

お客様の実感コメント

・病院でも治らなかった赤みが少しづつ薄くなってきました!

・他社の赤ら顔化粧品から切り替えて1ヶ月、赤みが引いてきた感じがします。

・使ってすぐに肌に変化を感じました、いままでにない化粧水です。

 

でも肌に合うか心配という方、ご安心ください。もしもお肌に合わなかった場合は、30日以内に連絡すれば返金してもらえる、30日間返金保証付きです。

まずは1ヶ月試して、赤みが気にならない、自信がもてるような肌を手に入れませんか?