敏感肌おすすめクレンジング|ミルク・クリーム・バームタイプ12選

クレンジングしている女性の画像

クレンジングには種類があり、オイル・ミルク・クリーム・バーム・ジェル・シートタイプがあります。

たくさん種類のあるクレンジングから敏感肌の自分にはどれが合うのか選ぶのはなかなか難しいですよね。

敏感肌の肌状態は、肌のバリア機能が低下している状態なので、外的刺激に非常に敏感な状態です。

そのため、洗浄力が強いオイルクレンジングを使用すると、肌に刺激を感じたり乾燥が悪化してしまうこともあるんです。

そのため、敏感肌のクレンジング選びは肌状態を左右する重要なポイントです。

たくさんあるクレンジングのなかから、敏感肌におすすめのクレンジングは、肌に負担が少ないミルク・クリーム・バームタイプがおすすめです。

この記事では、敏感肌のクレンジング選びのポイントと、敏感肌におすすめの厳選したクレンジングをご紹介していますので、クレンジングを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

1. 敏感肌のクレンジング選び3つのポイント

敏感肌は肌のバリア機能が低下している肌状態のため、肌に負担のかからない低刺激なクレンジングを選ぶという前提があります。

選ぶ際のポイントを3つにまとめていますので、クレンジングを選ぶ際はチェックしてみましょう。

 

1-1. ミルク・クリーム・バームタイプから選ぶ

クレンジングで代表的なものといえば、オイルクレンジングが挙げられますが、一般的にオイルクレンジングは、洗浄力が強く敏感肌には向きません。

また、シートタイプのクレンジングも肌をこする摩擦が負担になるため、おすすめできません。

たくさんある中から、敏感肌へおすすめなのが、比較的肌負担が少なく洗顔後の洗い上がりも乾燥しにくい、ミルク・クリーム・バームタイプです。

それぞれのクレンジングのメリット・デメリットを解説します。

 

ナチュラルメイク向けには【ミルクタイプ】

ミルククレンジングのイラスト画像 

トロ~っとしたなめらかな乳液状のテクスチャー。最大の特徴は、クレンジングをしても肌本来のうるおいを取り過ぎないこと。

クリームタイプよりもミルクタイプの方が水分が多いので、肌当たりがとても優しいです。

刺激がとても少ないので肌へ負担をかけずに、汚れをやさしく落としてくれます。

〈メリット〉

  • 肌になじみやすい
  • なめらかなテクスチャーで使い心地が良い
  • 肌への刺激が少ない
  • 洗い上がりがしっとりする
  • 油分を取り過ぎないので乾燥肌や敏感肌の人も使いやすい

〈デメリット〉

  • 洗い上がりは少し残った感じがする場合がある
  • クレンジング力が弱いものが多い
  • アイメイクにはポイントメイククレンジングが必要
  • 濃いメイクは落としにくいため、ナチュラルメイク向け

 

しっかり落とすなら【クリームタイプ】

クリームクレンジングのイラスト画像

クリーム状のテクスチャーなので手と肌の間でクッションのような役割をし、摩擦が起きにくいのが特徴。

油分を含んでいるので、クレンジング後も肌がしっとりしやすいという魅力があります。柔らかい肌あたりで、刺激が少ないのも特徴的。

〈メリット〉

  • テクスチャーがしっかりしているため肌との摩擦がおきにくい
  • 肌への刺激が少ない
  • メイクを落としながら保湿ができる
  • 油分が多く含まれているため、洗い上がりの肌がしっとりしやすい
  • ミルククレンジングよりも洗浄力が高い

〈デメリット〉

  • オイルやリキッドタイプよりも洗浄力は弱い
  • しっかりと洗い流さないと油分が肌に残りやすい
  • アイメイクにはポイントメイククレンジングが必要

 

洗い上がりしっとりなら【バームタイプ】

バームクレンジングのイラスト画像

油分が多く柔らかい軟膏のようなテクスチャー。

肌に乗せると体温で柔らかくトロけてオイル状に変化。オイルクレンジングとクリームタイプの良いとこどりのクレンジングともいわれています。洗浄力が高いが肌への負担が少ないのが特徴です。

〈メリット〉

  • オイルタイプのように洗浄力が高い
  • 洗浄力が高いのに肌への刺激が少ない
  • 粘性があるため肌に摩擦を与えにくい
  • 肌への密着性が高くメイクをなじませやすい

〈デメリット〉

  • 洗い上がりは油分が残りやすいので肌に残っている感がある
  • 冬場の時期は冷えると硬くなるものもある

 

1-2. 肌に刺激を与える成分が入っていないもの

アルコール・パラベンフリーの画像

敏感肌は、外部刺激に敏感な肌状態なので、肌に刺激となるような成分が入っている洗顔料は避けましょう。

特に避けたいものは、アルコール・パラベンです。

一般的にこの2つの成分は肌に刺激となりやすいため、ピックしています。

その他に、肌に刺激となりやすい成分としては、下記の成分があげられますが、これらの成分がまったく入っていないクレンジングは多くはないので、クレンジングを選ぶ際は、なるべく配合されていないものを選ぶか、配合量の少ないものを選ぶようにするのがおすすめです。

  • 鉱物油
  • 香料
  • 着色料
  • 界面活性剤

 

1-3. セラミドなどの保湿成分が配合されている

保湿成分のイメージ画像2

一般的にクレンジングは洗い流すものなので、保湿成分が配合されていないものは非常に多いです。

確かに洗い流してしまうものではありますが、保湿成分が配合されていることで、洗顔後のつっぱり感が緩和されたりなど、洗顔後の乾燥を和らげることもできるので、保湿成分が配合されているかどうかも選ぶ際のポイントになります。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • レシチン
  • リピジュアR

 

2. 【厳選】敏感肌におすすめのクレンジング

1章でご紹介したおすすめクレンジングである、ミルク・クリーム・バームタイプの3つのタイプのクレンジングごとに敏感肌におすすめの商品をご紹介していきます。

 

2-1. ミルクタイプのクレンジング6選

オイルクレンジングと同じくらいメジャーなミルククレンジング。

今回クレンジングをリサーチしてみて、敏感肌向けに作られているクレンジングでは、一番種類が多いなと感じました。

その中でも筆者厳選のミルククレンジングをご紹介します。

 

アルージェ/モイスト クレンジング ミルクジェル

アルージェのミルククレンジングの画像

プチプラだけど実力派!肌荒れを抑えるミルクジェルクレンジング

価格:1,500円(税抜)
内容量:100g
無添加処方:無香料・無着色・鉱物油無添加・表示指定成分無添加・ノンアルコール・ノンパラベン
購入場所:バラエティショップ・ドラッグストア・通販

とろっとなめらかなミルクジェルタイプのクレンジング。

肌への摩擦を抑えながらメイクをすばやく浮き上がらせ、うるおいを残しながらしっかりメイクを落とします。メイク汚れが浮き上がると指先の感触がふっと軽くなるストップサインで、肌のこすりすぎを防ぎます。

 

マルティナ/シアーナクレンジングミルク

マルティナのミルククレンジング画像

シンプル処方!美容液のようなこだわり処方のクレンジングミルク

価格:3,800円(税抜)
内容量:150mL
無添加処方:無着色・無鉱物油・アルコールフリー・パラベンフリー・旧指定成分無添加
購入場所:バラエティショップ・通販

オーガニックブランド「マルティナ」からでている敏感肌向け“シアーナシリーズ”クレンジングミルク。

肌をやさしくいたわりながら、メイクや毛穴の奥の汚れを落とします。過敏になっている肌を保護し、うるおいのある落ち着きを取り戻します。

 

テラクオーレ/ダマスクローズ クレンジングミルク

テラクオーレのミルククレンジンング画像

ダマスクローズの香り!美容成分配合W洗顔不要クレンジング

価格:3,500円(税抜)
内容量:125mL
無添加処方:無着色・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリー・旧指定成分無添加
購入場所:直営店・バラエティショップ・通販

メイクを落とし素肌をしっとりと美しく導く、クレンジングミルク。

オリーブオイルとオリーブ石鹸のコンビネーションで、毛穴の汚れや余分な皮脂やメイク、また埃などの汚れにも働きかけるので、クレンジングと洗顔が1本でできます。

 

ママバター/クレンジングミルク

ママバターのミルククレンジンング画像

天然保湿成分シアバター5%配合!潤いミルククレンジング

価格:1,500
内容量:130g
無添加処方:シリコン・合成香料・合成着色料・鉱物油・パラベン不使用
購入場所:直営店・バラエティショップ・ドラッグストア・通販

オーガニックラベンダーの優しい香り。

10種のエコサートオーガニック認定原料を配合し、負担をかけずに優しくきちんとメイク・汚れを落とすので、洗い上がりはふっくらキメ細かい肌に。

クレンジング+洗顔がコレ一本で叶うので、限られた時間の中で自分へのご褒美時間をとりたいママや、働く女性へおすすめです。

 

ミューノアージュ/ディープミルククレンジング

ミューノアージュのミルククレンジング画像

メイクも角質もミルクで優しく落とす!ディープクレンジング

価格:3,200円(税抜)
内容量:150mL
無添加処方:無着色・無香料・無鉱物油・界面活性剤不使用・ノンアルコール(エタノール)・パラベンフリー
購入場所:バラエティショップ・ドラッグストア・通販

メイクをやさしくしっかり落とす敏感肌対応のミルクタイプクレンジングです。

ペプチドを配合し、古い角質を浮かせて自然に落とし肌を整えます。ユズ果実エキスが潤いを与えてしっとりと洗いあげます。

 

カウブランド/無添加メイク落としミルク

カウブランドのミルククレンジンング画像

1,000円以下のプチプラ無添加メイク落とし

価格:700円(税抜)
内容量:130mL
無添加処方:無着色・無香料・無鉱物油・アルコールフリー・パラベンフリー・旧指定成分無添加
購入場所:バラエティショップ・ドラッグストア・通販

ぬれた手や顔でも使えるプチプラ人気ミルククレンジング。

やわらかく肌あたりのよい使用感で、メイク汚れをキャッチし、肌に余分な負担をかけずにすっきり落とします。セラミド配合なので、乾燥でデリケートになりがちな肌のうるおいを守ります。

 

2-2. クリームタイプのクレンジング3選

ミルクよりも濃厚なテクスチャーのクリームクレンジング。しっかりめのメイクをされている方や、エイジングケアを意識されている方もおすすめです。

 

トリロジー/ベリージェントル クレンジング クリーム

トリロジーのクリームクレンジング画像

コールドクリームのようなこっくり濃厚なクレンジングクリーム

価格:5,400円(税抜)
内容量:200g
無添加処方:無着色・無香料・無鉱物油・パラベンフリー
購入場所:バラエティショップ・百貨店・通販

シリカルム、グリーンティーなど、消炎効果のある成分が肌を落ち着かせます。

アーモンドオイル、アボカドオイルなどの保湿成分に、新しくダイズオイルと、マキベリーシードオイルが加わり、肌を柔らかく保湿しながら汚れを落とします。

 

NOV/ノブ III クレンジングクリーム

NOVのクリームクレンジング画像

肌あれ・乾燥が気になるお肌のための医薬部外品メイク落とし

価格:3,500円(税抜)
内容量:120g
無添加処方:無着色・無香料・アルコールフリー
購入場所:バラエティショップ・ドラッグストア・通販

肌への負担が少なく、メイクアップや肌の汚れをきれいに落とす、クリームタイプのメイク落とし。

バリアの3因子をバランスよく配合。肌のバリア機能をサポートし、刺激や乾燥に負けないすこやかな肌へと導きます。

 

エッフェオーガニック/モイスチャークレンジングクリーム

エッフェオーガニックのクリームクレンジングの画像

コクのある濃厚オーガニッククリームクレンジング

価格:3,800円(税抜)
内容量:150g
無添加処方:合成香料・合成着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・PEG・シリコン・パラベン・フェノキシエタノール不使用
購入場所:直営店・バラエティショップ・通販

マッサージしながらメイクになじませると、クリームが透明のオイル状に変化し、肌に負担をかけずにメイクを落とします。

メイク汚れを瞬時に細かく分散させる植物由来のメイク落とし成分を配合。洗いあがりの肌をしっとり柔らかに整えます。

 

2-3. バームタイプのクレンジング3選

あまり馴染みがないタイプのバームクレンジング。

まだまだ認知度は低いですが、オイルクレンジングとクリームクレンジングを良いとこどりしたような敏感肌に相性抜群のクレンジングです。

 

白漢しろ彩/シルキーウォッシュ

白漢しろ彩シルキーウォッシュの画像

セラミドなど美容液成分たっぷり配合!W洗顔不要の潤い洗顔バーム

内価格:3,250円(税抜)
内容量:100g
無添加処方:パラベン・アルコール・香料・着色料・鉱物油不使用
購入場所:通販

2種類のヒト型セラミド配合の洗顔料でお肌がモチモチ、W洗顔不要でもすっきり落ちます。

使用している界面活性剤が化粧水や乳液などに使われている非イオン型界面活性剤で肌に負担が少ない低刺激処方。

バームタイプの洗顔料で使用上のポイントがあるので、解説します。

使用ポイント:顔と手が濡れていない状態でご使用ください。

濡れている手で使用してしまうと、メイクや汚れを落とす前に洗顔料が乳化してしまい、洗浄力が落ちてしまうため、乾いた手で使用しましょう。

 

D.U.O./ザ クレンジングバーム

D.U.O.のバームクレンジング画像

毛穴・角質ケアもできる!とろけるバームクレンジング

価格:3,600円(税抜)
内容量:90g
無添加処方:パラベン・旧表示指定成分・鉱物油・石油系油脂・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・アルコール
購入場所:通販・バラエティショップ・ドラッグストア

独自の技術により、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントのスキンケアの5つの機能を兼ね備えたクレンジングバーム。

汚れもメイクもしっかりとオフし、さっぱり&しっとりとした生まれたての素肌を目指します。W洗顔不要。

 

ラミナーゼ/クレンジングバーム

ラミネーゼのバームクレンジング画像

フラーレン配合!毛穴の黒ずみケアもできるクレンジング

価格:4,500円(税抜)
内容量:120g
無添加処方:防腐剤フリー、鉱物油フリー、アルコールフリー、合成着色料フリー
購入場所:通販

ビタミンC172倍!プラセンタ800倍!の力。ハリ成分フラーレン配合。

ラメラ構造をもったW洗顔不要のクレンジングです。なめらかなバームが、メークや汚れをしっかり包み込んで落とします。洗顔後の肌はつっぱらず、みずみずしいうるおいに仕上がります。

 

3. 敏感肌を悪化させない!クレンジングポイント

自分の肌にあったクレンジングを見つけることができたら、次は敏感肌を悪化させないために、クレンジングをする際の重要ポイントをご紹介します。

ご紹介するすべてのポイントは優劣なくすべてが大切なので、今日のクレンジングから見直してみてくださいね。

 

3-1. アイメイクは必ず先に落とす

ポイントメイクを落としている画像

ベースメイクとアイメイクなどのポイントメイクを一緒に落としている方は多いのではないでしょうか?

肌の中でも特に皮膚が薄い目元は、クレンジングでゴシゴシ擦ってしまうことで、かなりの負担をかけてしまいます。

繰り返し摩擦を与えることで、乾燥するだけでなく、シワやたるみの原因にもなりますので、必ずポイントメイクリムーバーでアイメイクを落としてから、ベースメイクを通常のクレンジングで落とすようにしましょう。

 

3-2. クレンジングは少し多めを目安にたっぷり使う

手のひらにクリームを出している画像

高価なクレンジングになればなるほど、コスパを考えてちびちび少量づつ使いがち。

しかし、クレンジングの使用量が少ないとメイクを浮かせる際に、ゴシゴシ肌に摩擦を与えてしまいます。

メーカーが推奨している使用目安量よりも気持ち多めくらいにたっぷり手に取り、使用することが肌に負担を与えることなく、メイクを落とすことができるので、おすすめです。

 

3-3. Tゾーンから洗い、頬は最後に洗う

女性のアップの画像

クレンジングするときに、いきなり頬からなじませるなんてことしていませんか?クレンジングや洗顔をする際は、皮脂分泌が過剰なゾーンからが鉄則です。

乾燥しやすい頬や目元などは、Tゾーン・あごに続いて最後にしましょう。

 

3-4. 1分以内を目安に素早く丁寧に

砂時計の画像

メイクをしっかりと浮かせるために、時間をかけてじっくりじっくりは絶対NG

クレンジングは洗浄力が強いスキンケアなので、肌にのせている時間が長ければ長いほど肌に負担になります。目安を1分くらいに決めて、手早く丁寧にメイクを落としましょう。

 

3-5. グイグイ摩擦はNG!肌をなでるように優しく

  頬に両手を添えている女性の画像 

クリームタイプ・バームタイプのクレンジング使用者に多いのが、マッサージをかねたメイク落とし。グイグイマッサージをすることは敏感肌の肌質自体に向きませんので、肌に優しく触れるということを意識してください。

そもそも敏感肌の肌質にはマッサージは不向きなので控えましょう。

 

4. まとめ

たくさんあるクレンジングの中でも敏感肌におすすめのミルク・クリーム・バームタイプに絞ってご紹介をさせていただきました。

この3タイプのどれを選ぶからは1章でご紹介したそれぞれのアイテムの特徴を見て、ご自身にあったクレンジングタイプを見定めていただけたらと思います。

また、他サイトではたくさん紹介されているクレンジングでも、筆者自身が敏感肌にはおすすめできないと思った商品はご紹介するのを避けています。

本当に敏感肌におすすめできるクレンジングのみをご紹介しておりますので、ぜひご参考くださいね。